« | »

2011.07.30

NO.6 第4話「魔と聖」の感想:大爆発、大暴走、大収穫祭in西ブロックだったよ


NO.6 第4話「魔と聖」の感想をNEeeeTがレビューすんぞ、おい!

【まずは3行でまとめる感想】
ブレている、と思っていたものの、実はブレてなかったでござるの巻。
構造と対峙系だと思うと、進まなさにヤキモキしてしまうが、
ラブコメだと思うと、まるでブレがないんじゃないかと思う今日この頃。

【時系列で画像でセリフな感想】

いきなり口説かれてるママン。

楊眠「火藍。気持ちはわかる、でもこんなときこそ気持ちをしっかり持つんだ」
ママン「ありがとう、ヨウミンさん、感謝してます。あ、でも、いまはひとりにしてくださらない?」
ふと肩に手を置く当たり、狙う気満々杉www


当局全力監視中。
に、紫苑の無事を知らせる連絡がネズミの鼠から!

ネズミ--紫苑は無事。西ブロックに脱出。ネズミ
仕事したwwwwwww
初めてまともに仕事したwwwwwww
さすが使える小動物。こいつがジョバンニか。

ママン、すかさず返事を書きます。
え?
この住所みたいなのなんなの?
3話のラストのやつだよな?
まさか突如出てくる暗号ですか。いつ決めたのよ?
だが、このアニメならやりかねんwww

紫苑「ネズミ!」
ネズミ「ああん? ハン」
歩調を合わせてくれないネズミ。
いつも小走りに紫苑は追いかけ……
のちのちこういうあたりが蜜月に亀裂を生んじゃうんだよね。
気をつけたほうがいいな、うん。
ハハハハハハこやつめ、こやつめ( ´∀`)
おい、だから、おれの私生活に支障が出るからやめろwwwww
街行くひとびとがもうアッー! にしか見えんとです……。


イヌカシ「ラッチビルってのは新聞の名前だ。そこに務めていた新聞記者の居場所を掴んだ。しかもそいつはNO.6とおもしろいつながりを持ってる」
つまり、ママンは情報をくれたわけですね。前回からの住所の謎は解けました^^
ママン、なかなかやり手じゃん。
つか、イヌカシ、どやしすぎwwwww
ママンの情報だろwwwww

 

と思ったら息子が娼婦とチューきたああああああああああああ


娼婦「変わった髪してるわねえ、ぼうや。ねえ、アタシと遊ばない」
ムリムリ。セクロスでも釣られないんだぜ、そいつwwwwww

ネズミ「悪いけど、返してくれないかな、そいつ、おれのなんだ」
wwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwww
所 有 物 w
しっかり保護はしているネズミさん^^

娼婦「ふん、どおりでね。でもキスしたぶんは払ってもらうよ」
余裕のディープなチュー
ネズミ「釣りはいらないよ」
待てwwwwwwwwwwww
代金として成立しねえwwwwww
しかし、どうりでね、とは、なかなかの回答だwww
紫苑からはもうその匂いしかしないんだなwwwwww

ガラの悪いひとA「さっきの女の代金、あれですんだと思ってるのか? こいつは上玉だ」
ガラの悪いひとB「おれたちと遊んだら、チャラにしてやるぜ」
娼婦も娼婦っぽいけど、ネズミもネズミなんですね^^
それがここ、西ブロックでの生活ルールだと。
ただ、ちょっと毎日コレは疲れるだろwwwww

で、あっさり逃げ出し、ラッチさんのところに着きます。

力河「お、イヴ!」
紫苑「イヴ?」
ネズミ「へえ、おれのこと知ってんだ」
力河「ファンだよ、おまえのファンなんだ。このあいだの舞台も見に行った」
まあ、ネズミイケメンだからね。
いや、でも、舞台に出るネズミ、想像つかんわwww
稽古とかやらなさそうwww

紫苑「ぼくは紫苑、火藍の息子です」
(余裕で紫苑に迫る力河)
力河「似てる。ホントだ、火藍の息子だ」
さすが、どおりで、と言われるだけはあります。
瞬間に、男に好かれます。
距離の詰め方が、異常だってwww
紫苑、キャラ的にはATフィールド硬そうなのにな……。
オブラートくらいの強度しかねえなwwwwww


ネズミ「最初の志を忘れ、果てしなく堕落する。人間も都市も同じってことか」
力河「イヴ。おれは本当にお前のファンだったんだぞ」
ネズミ「過去形?」
力河「辞めさせてもらおう。こんな傲慢で底意地の悪いガキとは思わなかった」
正解ですwwwwwwwww
ネズミの性格はかなり悪いwwww

力河さんは売春斡旋している模様。
ネズミにも勧めると見せかけて、様子が……。

力河「ふん、そうじゃない。おまえならいくらでも稼げると言ってるんだ」
ネズミ「おれに客を取れって言ってるのか?」
力河「あいつらの欲求は底なしだ。芝居小屋なんかより、うんと稼げるぞ」
wwwwwwwwwwwwwww
もうwwwwwwwwwwwww
ダメwwwwwwwwwwww
なんなのこいつら、登場人物の頭ん中90%くらい♂だろwwwww
先天的に同性愛は10%くらいだって聞いてたんですけど、
嘘情報掴まされてたのかな、おれwww

力河「どうせ似たようなことしてきたんだろうが。いまさら純情ぶったって
紫苑「黙れ! よくもそんな卑劣なこと言えるな! この恥知らず」
キレました。
カレシの悪口言われたらね。
ハハハハハッハハハハッハハッハハハ……はぁ……(;^ω^)

ネズミ「どうしたんだ紫苑、なに興奮してんだよ
紫苑「バカ! 君を侮辱した、ひどいことを言った。きみはなぜ怒らないんだ。バカだよ。ぼくは悔しい」
ネズミ「紫苑、他人のために泣いたりするな。泣くのも戦うのも、自分の為にやれ」
ああ、もう、youたち、付き合っちゃいなyo!
NO.6とか忘れて、楽しく暮らせよwwwwww

肩を優しく抱き、帰ろうとしますが、


力河「おれが悪かった、紫苑おまえの面倒はおれが見る。火藍だって、それを望んでるはずだ」
オヤジ反省wwwwwwwww

怪しそうな写真出てくるけど、これもどうせ数週かけた釣りなんだろ。
というところでAパート終了。


紫苑「まだダメだよ、ネズミが帰ってくるまで」
ま、そうだよな。
料理は紫苑の役目っぽいよな。
ああ、違和感ねーわwwwwwwwwww

紫苑君のことをもっと知りたい。苦しいことがあったら、教えて欲しいんだ」
はいはい、ほぼ、告白ありがとうwwwwwww

というところに、
おっぱいタッチキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
いや、♂×♂だけどな(#^ω^)


ネズミ「なにを感じる?」
紫苑「心臓が、動いてる」
ネズミ「そうだ。おれは生きてる、いま、ここにいるそれで充分だ!」
心臓が……動いてる、のもうがね、やばいよね。
完全にこれ、すごく……○○です、な間だらかね。
この間を意図的に作り出すあたりね、もう、凸と凸とのファンタジスタだよ。

 

おかあさあああああああああああああああん!!!!!!!!!
ごめん、この年になってオレ、「凸と凸とのファンタジスタ」とか言っちゃってるよ。
ほんとごめんwwwwwwwwwwwwww
そんなワケで、mojaの親バレ絶対防止サイトorera.meは今日も平和ですwwwww

で、イヌカシの使いがやってきて、
わんわんおの掃除に紫苑が出かけます。
要するにアルバイトですかね、これ。
NO.6と西ブロックの人間だって同じなんだよー。
人間は平等なんだよー。とか言っちゃってる紫苑は空気を読むといいんだよ。


イヌカシ「紫苑、お前さん死ぬぞ。ホンキでそんな甘っちょろいこと考えているなら、ここでは生きていけない」
紫苑「ネズミにもよく言われる」
どうしてこんな作業遅そうなヤツに、仕事頼んだんだ、イヌカシ(´・ω・`)

ネズミの歌は、犬が息を引き取るときに、絶大な効力を発揮するらしいです設定を説明。

イヌカシ「あいつの歌は魂をさらっていくんだ。風が花を散らすみたいに」
紫苑「風……」
イヌカシ「おれのおふくろのときもそうだった」
紫苑「お母さん、亡くなったんだ」
イヌカシ「犬だけどな。おれは犬に育てられたんだ。赤ん坊のとき、ここに捨てられて、それをおふくろが温めてくれた。乳を飲ませてくれた」
ネズミ「小汚い雑種犬だったけどなあ」
ひでえwwwwwwwwwwwwww
言い過ぎです、ネズミさん(´・ω・`)
ま、シシ神様だね、これね、モロとシシ神様だね。
まあ、もののけで一番好きなキャラは、モロの君と即答するからね、ぼくね。
次点はエボシ御前ね。可哀想な子ダントツはカヤね。
アシタカは他の女にもらったもん、本命にやるなよ!!!!!
あ、これNO.6の感想ですね、はいwww

ネズミ「そんな天然相手に自分語りだなんて、らしくないんじゃないの」
らしくないなあ、スネーク!

空気を読まない紫苑さんはジョバン……鼠が来たから、のんきに語りかけます。
紫苑「こいつ、ハムレットの朗読、好きだから」
ネズミ「勝手に名前をつけるな」
紫苑「だって、君がつけてやらないから
ふたりの生活、ペット付き^^
ま、しあわせになー( ´_ゝ`)

痴話げんか勃発。
しかし、イヌカシに見られて、バツが悪そうなネズミさん。
イヌカシさんは余裕の悪い表情。そして、その晩。


ネズミ「誰だ?」
イヌカシ「気づくのがちょっと遅すぎるんじゃないか。お前さんらしくもない。なにをぼんやりしてたんだ」
ネズミ「なんの用だ?」
イヌカシ「とぼけんな。おふくろをけなすやつをおれが絶対許さないことくらい、知っているだろう」
イヌカシさん、行動はええっすwwwwwwwwww
ソッコー襲いに行くとは、なかなかですwwwww
つうか、挑発すんなよ、ネズミwwwwww

まったくためらいなくバトル突入。


あっさりやられるイヌカシさん。
弱えwwwwwwwwwwwwww

紫苑「ネズミー!」
タイミング悪すぎる登場の紫苑さんwwwww

イヌカシ「なあ、ツメが甘くなってる。おまえはもういままでのおまえじゃない。厄介な荷物を背負い込んじまったなあ、んじゃあ、アバヨ
なにしにきたwwwwwwww
イヌカシ、おまえ、マジでなにしにきたwwwwwwww

ネズミ「なにしに来た?」
紫苑「なにって、帰りが遅いから
ふうううううううううううううううううん。
勝手にやってくだしあwwwwwwwwww

紫苑「NO.6には母さんがいる。君に笑われようとなじられようと、母さんを忘れることはできない。でも、ぼくはここで生きていきたい」
ネズミ「理由は?」
紫苑君に引かれている
アシタカとサン乙wwwwwwwwwwww
うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
しっかしwwwwwおwwwまwwwwえwwww
わかってたけど、もうバレバレだったけどwwwwwwww
丁寧な説明とカミングアウトありがとうwwwwwww
特定の方面だけは視聴者に優しいなwwwwwwwww

そして、挿入曲付きのあざといエンディングへ。

紫苑--母さん。ごめん。ちゃんと生きてる。
ママン「紫苑……。ありがとう、ネズミさん」
うはwwwwwwwwwwwwwwww
待て待て待て待て待て待て。
紫苑、母さん、泣いてるよ?
無事だってわかって泣いてるけど、「君に引かれている」を聞いたら、
たぶんもう1回泣くよ?
まあ、それでも惹かれる気持ちは押さえられないんですもんね?
簡単な整理をすると、
4年前1度会っただけのひとが忘れられない。

→再会、そしてひょんな展開からのふたりで逃避。

→ふたりの新生活。

→変わっていくふたり。押さえられない気持ち。

 

うん。この構造はラブコメだなwww これは、要するにもうラブコメだwww
一直線でまるでブレてないwwwww

イヌカシとバトルの前に、NO.6と対決の構図を出そうずwwwww
NO.6の裏側がそろそろ見たいですwww
ネズミ×紫苑のラブコメだと、思うとまるでブレてはないけど、ついででいいからストーリーも進めてくれwww

【次回期待度】
○○○○------


関連記事はこちらから

  1. ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~ 映画レビュー
  2. NO.6第7話「真実の嘘・虚構の真実」感想:絶対に許さない接触が、ここにある
  3. NO.6第6話「密やかな危機」の感想:うわっ、私のレビュー、いまさらすぎ
  4. NO.6第5話「冥府の天使」感想:ダンス、ダンス、ダンス^^
  5. NO.6第1話「びしょぬれネズミ」感想(直後版):やっちまった、やっちまった感を隠しきれず吐露する
  6. NO.6 2話 感想(直後版):「光をまとう街」を見たんだ、見たんだよ!
  7. NO.6 第3話「生と死と」感想:ねえ、進んで、進んでよおおおおお! な感想
  8. NO.6 第2話「光をまとう街」の感想:相変わらずの腐だが、なんだこれ、じわじわ面白い件
  9. NO.6 第1話「びしょぬれネズミ」感想:腐注意、オレやべえwwwな感想をNEeeeTがするよ
Powerd by AZlink

Trackback URL

Comment & Trackback

こんばんは!早速読ませていただきましたw
もうなんだか感想シンクロすぎて大笑い(笑)
最後のママンの「ありがとう・・・ネズミさん」、コレぶっちゃけママンお礼言うところじゃないから!!コイツのお陰でホモまっしぐらなんですよ~><とか突っ込んでましたが!wもう駄目だ・・・コイツはもう駄目だ・・・完全に惚れてます宣言しちゃいましたね!ネズミもまんざらじゃなさそうでしたしもうYOU達結婚でいいよ、と(笑)
しかしこの4話、イヌカシはマジで何したかんですかね?あの決闘(?w)場面は必要だったんだろうか・・・と小一時間

(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪
待ってました!!読ませていただきました!!

やっぱmojaさんの感想は面白いですね(笑)
なんだかいつもより甘口な感じもしましたがww

友達に言われて思ったんですが、西ブロックってノースリの人もいれば厚着の人もいる、季節がすごいところですよねw

あと少し気になったところをいくつか(・∀・)
ガラの悪いひと→ちんぴら
イブ→イヴ
惹かれている→引かれている

ですよー
私はワンセグの字幕アリで見ているので(;^ω^)
惹かれているっていうのはネタで言いと思いますがwww

それではまた見にきますね(´∀`*)

みこたさん
ご来訪ありがとうございます(´∀`)
お返事、遅れてしまって申し訳ありませんm(_ _)m
ママンはそれはもう聖人クラスにできたひとですから、ネズミとの関係でも、許してしまいそうですねwもう、生きてりゃいいや、的なwww
イヌカシさんはきっと壮大な計画を持ってネズミと接触しているんでしょうから、これがのちのち壮大な伏線……にはならないですよね、たぶん^^;
今後の展開(するのか?w)に期待しています^^

鈴さん
ようこそいらっしゃいました!!!
お褒めのことば、ありがとうございます。。。
「ああ、これ、ラブコメなんだ」と気づいたら、なんだか、気持ちマイルドになってしまいましたw
言われてみるとたしかに季節感ないですねwww
ご指摘、ありがとうございます! 「イヴ」「引く」に修正させていただきましたm(_ _)m
ちんぴらさんとか、チョイ役の名前はその場の気分で書いてますwww
またのお越しをお待ちしております!!!

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

*