Powered By 画RSS

2013.09.23

【ネタバレ御免】第4回高校生ラップ選手権の感想

第4回高校生ラップ選手権を見に行って来たのであります!
動画はもちろんまだないんだけど、思いのままに感想を書いてみました。

BUshLWACQAAHpRW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【とうとう高校生ラップ選手権用にブログ作りました!】

最新記事
高校生ラップ選手権歴代出場者を完全なる独断で評価しました。
【動画&レビュー】第4回かしわvsT-pablow

まだ、上の2記事しか更新してないけど、
これから上記のサイトで高校生ラップ選手権について更新していくのでそっちも見てくださいね!

高校生ラップ選手権

高校生ラップ選手権

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2013年9月21日17時
場所:赤坂BRITZ

出演者まとめ
Aブロック
RACK(第3回出場/京都/17)
KDT(初出場/沖縄/17)
DK(第3回出場/大阪/17)
3tani(初出場/東京/18)

罰当(第3回出場/大阪/17)
EINSHTEIN(初出場/大阪/15)
LEON(第3回出場/和歌山/17)
HIYADAM(第3回出場/北海道/17)

Bブロック
かしわ(初出場/大阪/かしわ)
りぼん(第2回出場/大阪/りぼん)
HIBIKI(第3回出場/岡山/18)
D-regill(初出場/茨城/18)

MC☆ニガリ(第3回出場/長野17)
72(初出場/東京/18)
WENY(初出場/東京/17)
T-pablow a.k.a K-九(第一回出場/東京/18)

第4回目にして満を持して観覧してきました。
高校生が多いのかと思いきや、そうでもなかったみたいです。
まぁ、ほとんどがばっちばちB-BOYでした。
私、B-BOYではございませんでして、new elaぐらい買っとくべきだったと少し後悔。

■ゲストライブの感想
5時開演。まずは、ゲストライブ。
ダースレイダー、Simi labo、D.O.、MC漢、SEEDAの順でACT。
いやなげえ。笑 とにかくなげえ。ダースの時点で限界だった。2時間も使うと思わなかったからおっさん足パンパンや。笑
ダースの最後で、HYADAM、LILMAN、GOMESS、dodo、MC妖精が出てきて、HIGH SCHOOL HIGH歌ってたよ!
これはテンション上がったな。もはやただのファンだからwww
でも圧倒的にMC漢だった。時間は巻かねえ。巻くのはポリスとガ○ジャだけだ。ヒェー(小藪風)。アティチュードやべえっす。自分もレペゼン新宿(ぎりぎり新宿区の端っこです)なんでついていきます。

あとは、SEEDAがTERIYAKI BEEF歌ってたのが面白かった。
「ジョークだよ」ってどうでもいいフォローしてたw

そしていよいよ、第4回高校生ラップ選手権開幕

大会結果

第4回高校生ラップ選手権結果

第4回高校生ラップ選手権結果

 

(見にくいけど上の図の赤線が勝敗結果だよ)

優勝  T-Pablow
準優勝 DK
BEST4  かしわ
BEST4  EINSHTEIN

 

■出場者を一言で振り返る。

Aブロック

RACK

 

前回に比べて、鬼気迫る感じがなかったな。韻の数が少なくて盛り上がりにくかった。

KDTレペゼン沖縄は伝わるし上手いんだけど、沖縄文化や黒人だったり極真空手のフレーズが会場を動かすには至らなかった。

DK:相変わらず、好青年というかもじもじしてるというかいい奴。最初に出演者が出揃った時にRACKにもうちょっとこっちおいでって整列を気にしていてお兄さん気質を垣間みれて良かった。ラップは格段に良くなってた。でも、ここぞの気迫やパンチラインがもう少し欲しかった。ここぞという所での勢いが加わるとかなり良くなる気がする。

3tani:個人的にはすごい好き。バトル慣れもしてるし、フロウがよかった。
たぶん何年かしたら一番上手くなってるんじゃないかと思う。

 

罰当:今回、罰当っぽさ出す前に終わっちゃったなあ。ムーニーマン的パンチラインを期待してたけど、EINSHTEINにかわされてすっと終わっちゃった感じ。でも紹介動画での「最近した罰当たりなことは?」に対する、「ナンパしたら妹の友達だった。」には笑った。罰当の曲好きなんで今後の活動に期待。

EINSHTEIN:今回一番期待してたんだけど、期待通り。名前に恥じない天才だと思う。

終始なめた感じなのも大物感がしてよかった。

EINSHTEINのフローすごい好き。そして、ラップも一番聞き取りやすい。

LEON:和歌山から来たキングコング。

HIYADAM:HIYADAMさん。いや、わかるよ?すげえ上手いんだけど、なんか前回に比べてフレンドリーすぎて、オーラみたいなものがどっかいっちゃってたよ。そして、何いってるか分かんなかったな。好きなんだけど。RACKもそうだけど、初見と2回目では客の受け取り方が変わってくるから、難しい。

 

Bブロック

かしわ今回一番の収穫。上京して初めて家系食った時くらいの収穫。トラックも自分で作ってるみたいだし、曲も出すだろうからしばらく追いたい。犬式を彷彿とさせるレゲエ調のフローは会場がどよめいた。鎮座DOPENESSみたいなオリジナルなメロディーをかましてくる。最高。

りぼん:上手くなってた。でも女MCのバトルって迫力出しにくいしやっぱ難しいよね。ZEEBRAも言ってたけど、りぼんは曲がいいからそっちでね。

HIBIKI:前回、韻なんかどうでもいいんだよって言ってたけど、HIBIKiって韻固いと思う。

しかも、アンサーしっかり返してて結構好きだった。

D-regill:ちょwww茨城先輩怖いっすww

 

MC☆ニガリ:ニガリは上達しすぎ。相変わらずシャウト系なんだけど、聞き取りやすいし、韻も固かった。そして、T-pablowと当たった時の1バース目の「お前ら俺が負けると思ってんだろ」みたいなリリックで始めた時はその日一番会場が盛り上がった。爆発した。

72:緊張してたのかな。結構リズム外してたし、韻も踏めてなかった。かわいい女友達が沢山来てたっぽいけど、残念。

WENY:いやもう、ちょ、おまwww状態だった。うつむいてしまってたしね。M-6POと同じクルーらしいけど、もうそのクルー出禁だろwww

T-pablow:ひとりオーラが違ってた。何かに取り憑かれているかのようなラップ。的確に差すんだけど、しっかり自分を制御できてて余裕がある。いやまじで高校生のレベルではない、正直UMBに出てもいい線いくと思いますよ。

 

■印象に残ったバトル

といっても、あんまり覚えていないものもあるから10/14にオンエアーしたら詳しく書くっすw

第1回戦 かしわ VS りぼん

かしわのバトルはすべて名勝負だった。かしわのキャラが濃すぎて第4回の記憶はほぼかしわwりぼんとのバトルは機材トラブルの末延長戦に。かしわのブス押しから一点おっぱい揉ませろに対して、胸ちっちゃいねん、Aカップでもむ胸ないねんは笑ったしりぼんの場慣れした成長を感じた。

第2回戦 EINSHTEIN VS HIYADAM

これは事実上の決勝戦だと言っても過言ではない。二人は、もともと知り合いなのか、楽屋で仲良くなったのかステージに上がった時から中指立てたり結構絡み合ってた。結論から言うと、延長の末EINSHTEINが勝つんだけど、正直終止EINSHTEINが押してたと思う。会場はHIYADAMが負けたことで騒然となってた。細かなリリックを覚えていないのがはがゆいがOn-AIRしたら、ゆっくり振り返りたいと思う。

第2回戦 MC☆ニガリ VS T-Pablow

これもいいバトルだった。ただでさえ人気の高いT-Pablowは、一回戦のWENYとのバトルで全く衰えていないどころか狂気すら感じるオーラで圧勝した。そんな中での2回戦。

会場は、MC☆ニガリが上達しているとはいえT-Pablowが勝つと思ってたし、 MC☆ニガリへの注目は薄かった。そんな中で、先攻MC☆ニガリの1バース目。正直、度肝を抜かれた。「お前ら俺が負けると思ってんだろ」的なリリックで始めて会場は一気に盛り上がり自分の敗戦ムードを一気に払拭した。まあどうせ負けんだろと思ってた自分がいて、はっとさせられた。ラップは韻の固さ、フロー色んな要素があるけど、この空気を一瞬で自分に引き戻すことが出来る力を持っている奴はなかなかいない。一回戦で客を虜にした「さすがゴメスさん半端じゃないな、でも優勝するのあんたじゃないわ。」といいMC☆ニガリは負けはしたけど今回も確実に爪痕を残した。

第2回戦 DK VS EINSHTEIN

これは、審査員がもっとも悩んだ試合だと思う。会場的には、HIYADAMを倒したEINSHTEINとT-Pablowが決勝っていう絵が見えてたと思うから、あっさりEINSHTEINが勝つと。それが、さっきほどのパンチがなくEINSHTEINの責め手が弱かった。余裕で勝てるっしょみたいな空気すら感じたw
それに対して、DKは真面目に韻を踏み続けた。DKのラップって上手いんだけど、パンチラインが弱いから延長になってもどっちもどっちっていう感じだった。
最終的に手数が多かったDKに手を挙げざるを得ないみたいな感じだったなあ。
ただのEINSHTEINファンとしては、がっかりだった。笑 ちなkay-onのことばっかでうるさいからDKはあんまり好きじゃないw

準決勝 かしわ VS T-Pablow

第4回大会で一番盛り上がった一戦。彗星のごとく現れ、レゲエのような独特のフローで会場を騒然とさせたかしわと、
ダークサイド的パワーで圧倒してきたT-Pablow。二人がステージに出てきただけで会場が沸いた。
そして、バトルが始まると回を増すごとにオリジナル感が強くなるかしわ。
ラップする彼の姿は、岸和田出身だけあって、まるで神輿の上で踊っているかのようだった
それに対し、一歩も動じることなく同じスタンスで韻を踏みまくるT-pablowはシス卿のよう。
だんじり男 VS シス卿。お互いにまったく詰まる所もなく、これは延長を見たかった・・・
これは完全なスタイルウォーズ(全く異なるスタイル同士のバトル)だね、
っていうジブラのコメントもうなずける。小藪のHIPHOP用語辞典がまた一つ増えたwww
最高の関東 対 関西だった。よく関西のラッパーってダジャレっぽいとか言われてるけど、
全くもって新しいスタイルに出会うことが出来て本当に良かった!

大会の総論

第4回にもなってくると、ラッパーも観客も過去3回の前提知識を知ってるからこその面白さがあった。

例えば今回、準優勝したDKがRACK戦で「何言ってるか分からない、おととい来やがれ若林」って言ったんだけど、これは第2回大会の決勝でのkay-on(DKの友達)からの引用に、第3回大会でRACKが自らをいじって若林と言ってたことを当てはめている。若干ネタくさいけど、観客が過去3回を見ているからこのフレーズが理解でき、盛り上がる。高校生ラップ選手権がいよいよ一つのイベントとして認知され定着してきたことを物語る一幕だと思う。

でも、D-gerillがHIBIKIに「ヒェー」ばっかうるさいっていうリリックがあったが、HIBIKIに「今日は一回もヒェーって言ってないよ、ネタ臭いねお前」と返り討ちにあっていた。

確かに、第3回大会でHIBIKIは「ヒェーヒェー」うるさかったけど、そのバトル以外でのイメージに引っ張られるとずれたDISになっちゃうってことだな。

後は、バックグラウンド。

高校生ラップ選手権の面白さは、ラップもさることながらバトル前の「紹介動画」にある。みんな高校生ながらに、地元や非行からの更正、病気、親との関係などバックボーンを持って表現活動をしている。そのバックボーンを知ってから聞くリリックには観客も共感しやすくなる。他のフリースタイルバトルにはない魅力。さすがテレビ番組が制作するイベントといったところ。

そういう意味で、圧倒的(ある種悲惨な)なバッグボーンを持つT-pablowに会場中が引き込まれていたのに対し、EINSHTEINやHIYADAMは少し軽さが目立った気がする。

最終的には、ラップの良し悪しなんだけども。

■大会後の色々

さすが高校生ラップ選手権といえるくらい好青年な彼らは、
小藪が毎回言うように、しっかり仲良くなって帰っていくみたいwww

EINSHTEIN twitter

EINSHTEINtwitter

DK twitter

たまたまマクド行ったら、 罰当寝てた(笑) 爆笑(笑)

DKtwitter

 

そんな罰当 twitter

いろいろと人は見かけによらんな〜今日は地元の友達が出迎えてくれた嬉しかったしトロフィーが無くて情けなかったwありがとうみんな!!

BU281CQCEAMtknS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんとGOMESSのtwitter見てたら、
高校生ラップ選手権の翌日に代々木公園でサイファーしてたらしい!
EINSHTEIN、GOMESS、かしわ、MC☆ニガリ、3taniっていうメンバー!

GOMESS twitter

大会翌日の代々木サイファー模様…(動画)

http://instagram.com/p/emMRBen_db/ 

T-Pablowも復活twitter

K-九改めてT-Pablow Twitter始めました! 名前が変わってもやることは一緒なので応援よろしくお願いします。今まで色々ありましたが、やっぱり僕にはHiphopしかないと再確認できました。 I’m Back !!

BU1zYh0CUAAIbpP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DABO兄さんからも若者へのたちへの暖かいコメント

今の高校生ラッパーたちは昔で言う”超高校生級”がゴロゴロしてる 日本語ラップのレベルが上がっているわけだ ワクワクするよね 俺たちやパイセンたちが頑張ったからだよ 最高のボーナスだな いっぱいスター出てほしいよ 俺たちの子どもだぜ彼らは 逞しく羽ばたいてほしい 強く生きていけ

そして、審査委員長のZEEBRA!!

高校生ラッパーたち全員の親になりたいw

ZEEBRAさんもう高校生ラッパー達への愛情が半端じゃないwww

最後に・・・・

高校生ラップ選手権用にブログ作ったので、これからはそちらを見てください!
更新記事
高校生ラップ選手権歴代出場者を完全なる独断で評価しました。

【動画&レビュー】第4回かしわvsT-pablow

 

2012.04.26

2012年 春アニメ 15作品評価・レビュー

おしりです。

今期は見るものが多くてやばいです。豊作です。

これが最強というエースで4番みたいな作品はないんだけど

それなりに尖った作品が多くて僕としては嬉しい限り!

ということで突然ですが春アニメの評価をしていきます。

見てないアニメは評価対象外だよん!

 

Read more »

2012.01.11

放置しててすいません……

あけましておめでとうございます。

あけてます、あけまくってます、すいません。

ほんとすいません……。

9月にちらりと言った新プランが思いの外難航してしまい、更新できないスパイラル。

ほんとすいません……。

NO.6とかいろはとか、ぼくが途中までやってるレビューは最後までやります。

いろはとか需要なさそうですが……。

こんな放置サイトにいただいた温かいコメント、必ず個別にお返します。

本当にありがとうございます。

ブログ辞めるときも、ちゃんと宣言します……。

この数ヶ月は……ただの不精です。

どんなに忙しくても、更新できないわきゃないです。

記事書く時間はほんとになかったけど……。

ただちょっと、前みたいに3人で更新は難しいと思います。

過去の各人の記事は消したりしませんが、基本線はmojaひとりで更新していくことになると思います。

内容は変わらず、アニメレビューです。

秋はアンゴくらいしか面白いのなかったので、たぶんスルーです。

今期はとりあえずモーパイ1話がつまらんけど、面白かったですwww

閑話休題。

とりあえず、今度こそほんとうに新しい企画のメドがたったので、近々更新再開します。

に、いまのもの片付けろよ!!!!!

 

ほんとすいません……。

でも、目の前の面白いこともやりたい……

そんな矛盾をはらんだ適当なサイト運営ですが、

なにとぞ本年もよろしくお願いいたします。

moja

2011.09.15

NO.6第7話「真実の嘘・虚構の真実」感想:絶対に許さない接触が、ここにある

NO.6第7話「真実の嘘・虚構の真実」のレビューです!

こんちゃーす。mojaです。
残暑も今週までらしいですよ。
さいきんの雲の様子がとても好きです。
とあることから三鷹に行ったんですが、駅の裏手(?)の道と雲が相まって、
それはそれはもう、まさに夏っぽくてですね……。
うはwww とか書いてるくせに説得力ねえwwwwwwww うはwww
まあ、実はぼく、とんでもないセンチメンタリストです^^
はい、まあ、いいんです。
とりあえず、7話行っときますwww
さきに謝罪www
政治ネタでごまかすしかなくて、スマンカッタwwwww
政治ネタ嫌いなひとは見ないことをオヌヌメしますwww

【まずは3行でよろしくって?】
ストーリーは若干進むが、しかし、もう7話。
不安になるくらい残りが少ないんですけど、だいじょうぶかwww
いや、そんなことは、今回に関してはどうでもいいんじゃないかとも思うwww

Read more »

2011.09.14

NO.6第6話「密やかな危機」の感想:うわっ、私のレビュー、いまさらすぎ

NO.6第6話「密やかな危機」のレビューです!

おこんばんは。まさかの予告通り登場www mojaです^^
財相が野 田 だ っ た
とか書いてたら、なんとその野田が首相になり、
NEeeeT歴が1年を超えてしまっていたり、
なんだかよくわからない趣味のようなものをしたり、
とにかく1ヶ月くらい時間がタチましたwwwww
が、その時間とか無視る感じで、平然と更新してみるテスト^^
では、NO.6の6話から行ってみましょう!

【まずは3行で】
ストーリーは進まないわ、濃くもないわで残念な回。
とりあえず、沙布が連れていかれた、ということだけを押さえればおkなのか?
毎回5分くらい前回と内容被ってんだが、そんなに重要かねwww

Read more »

Next »