【画像あり】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話「ほんとうのお願い」 レビュー

誰が予想したことか。

まさかなんと、2週連続であなる回がくるとは。

どこからどうみてもあの花のヒロインはあなるです。

本当にありがとうございました。

「これがないと寝れないの!」

「これもないと寝れないの!」

いや、もうあなる可愛すぎる。

じんたんは相変わらずかっこいいセリフ吐いてあなるルートを突き進むが、

選択肢をあやまって、めんまの話を出しちゃいます。

いや、そこは過去を吹っ切ってあなるルートだろJK。

空気が微妙になったところ、ハプニング発生。

美味い!美味すぎる!!

ぽっぽの「カレギュウ撤退!」にワロタwwwww

前回のNEXTで日記を開こうとするシーンがありました。

これはじんたんが散々引っ張って、過去と向き合う決心の展開かと思ったが即効で裏切られます。

即効で日記開いちゃいます。

さっきのレビューでも書いたけど、まじストーリー加速。じんたん△すぎる。

そして、ここでようやくタイトルに関わるものが出てきます。

それはなんと花火。

皆で打ち上げをしようとして失敗した花火。

じんたんのお母さんが元気になるよう願いを込めた花火。

残念ながら、花火は散って、お母さんも亡くなってしまったんだね^q^

じんたんの帰りが遅いことに不機嫌だっためんまも、

かきたまラーメンにご機嫌を取り戻す。餌付けとか言ってるじんたん素直で宜しい。

残念ながらけんちゃんらーめんはなかったそうです。

つーか、ネタひっぱるなwwww

過去シーンでじんたん△を追うめんまとあなる。

じんたん△をおうめんまを追うゆきあつ。

ゆきあつを追うつるこ。

よくわからないぽっぽ。

と超平和バスターズの構図がここにも出てきます。

ぽっぽ、なんかありそうだな。

すげー爆弾もってそうだな。

最近少ない、ゆきあつさんの見所。

前回の話でめんまが事故当日、願いを聞いて欲しいということでみんなを集めていたが

じんたんだけは内緒にしていた模様。好き嫌い問題の時のめんまのぎこちない笑顔の違和感

がここに来てようやくとけてきました。

そして花火をみんなで打ち上げようとお金を貯める超平和バスターズ。

ここでのあなるがまた可愛い。

可愛い、可愛すぎる!!

一方、ゆきあつとつるこはバイトをせずに、試験勉強をしているのであった。

そこでゆきあつさんはつるこをお茶に誘うがつるこさんはあっさり拒否。

「あんたについていくのは相当大変なんだから」

と、例のヘアピンをつけて試験勉強頑張ります。

ここで新事実。進学校での成績順位は

つるこさんが学年4位でゆきあつさんが学年2位。

そりゃゆきあつさんもてるわ。そりゃつるこさん僻まれるわ。

しかし、つるこさん、受験勉強の時もずっとこうして来たのね。

なんて、なんて、なんて、不器用なんだ!!!

ガテン系のバイトも頑張るじんたん。

「かっけぇーんすよ。じんたんは。」

と評価するぽっぽ。こいつじんたん△すぎるだろ。

ホモ展開とかはまじ簡便な。

そういうのはタイバニだけで間に合ってるから。

そこに居合わせためんまの、

「かっけぇんすよ、じんたん」

とかなんどもつぶやく。なんかもう成仏しそう。

そして、最後は超展開。

花火を20万で作ると約束したが反故にされます。

「高校生に手を貸すなんて」

と祭りの役員に怒られたちゃったらしい。

そして、その役員はなんとめんまのお母さん。

「お姉ちゃん。じんた君達があなたのために色々頑張ってくれてるみたいよ・・・ふざけてるわね。」

と冷淡に言ってED。

なんだ、なんだこれ。

次回はもう、家族救済編の号泣回しか予想できないんですけど。

ゆきあつさん公開処刑回以降の神回くるー!?

ということで次回にも期待!!!

次回:「お姉ちゃんねぇ。超平和バスターズなの!」

「【画像あり】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話「ほんとうのお願い」 レビュー」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。